掲載情報

扱っている商品が違えば掲載すべき情報が変わります。
どんな情報を掲載すれば良いか?

必要な情報

まず、ネットショップで必要な情報は、amazonに載っていそうな情報です。
価格や、色んな角度からの商品の写真、在庫数、送料、などがそうです。
最低限、それらの情報が無いと、お客さんは、怖くて変えません。

当たりまえに表記があると思っているでしょうが、
最後の送料の部分は、多くのネットショップの場合、
利用ガイドなどの別ページに載っていて、
カートに入れるボタンなどの、顧客が判断をする瞬間には、
書いていない場合がほとんどです。

不必要だけどあったほうが良い情報

ネットショップは、ここで競合と差がつきます。
ユーザーが商品を購入するかどうかのきっかけから、
他社の商品と検討をする時も、
amazonに載っていない情報が鍵を握ります。

ただ、闇雲に情報を多くしても、
人件費や、デザイン費などの、コストが増えるばかりで、
利益に結びつきません。
どのような情報を掲載するべきかは、
顧客目線に立つと、見えてきます。

顧客目線に立つにはどうするか

お客さんの欲しい情報を知るには、いろんな方法があります。
・友だちに聞いてみる。
・調査会社に依頼する。
・サイトの解析データを分析する。
・プロに見てもらう。
・レビューを集める。
などなど、どれも有効な手段です。
自社開発のオリジナル商品だと、特に顕著に現れますが、
どんなに頑張っても、商品知識がありすぎて、顧客目線にたてないケースがあります。
そんな場合は、経験豊かな、プロの意見を仰ぐのが良いかもしれません。

CONTACT US

効果の無いマス広告の予算を
効果のあるwebへ

ネクサスwebサービスのホームページを ご覧いただきありがとうございます。
サービスへのご意見やご質問がございましたら、 お気軽にお問い合わせ下さい。